FC2ブログ
魔法と幻想の境界
                 いい加減ブログの説明文変えようかと思ったけど特にいい案がなかった>ワ< ひとつ書くとすれば、このブログはリンクフリーですが一応一声かけてくださいね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法先生ネギま!OAD1巻及びコミックス23巻発売まであと14日
七月もあと少しで終わりか~夏期講習が終わってのんびりできそうだよwww

その辺の話は次の記事にでも書こうかね

じゃ、絵は追記で
20080729234911.jpg

出席番号2番  明石裕奈  C.V.木村まどか


 お転婆な性格で、クラスでは和美やハルナたちと共に暴走することもしばしば。積極的な行動が結果的に報われないパターンが多い。時々語尾が「にゃー」となる。

 プロフィールに「好きなもの:お父さん」とあるほどのお父さんっ子で、父親が仕事で会っていた女性ドネットとの仲を疑いジェラシーを見せるなど、周囲から「危ない域に達している」とされている。

 父親は麻帆良大学の教授。学校が全寮制であること、教員宿舎と女子部が正反対の位置にあることから父親とは別々に暮らしているが、頻繁に顔を出して「だらしない」父親の面倒を見ている。そのため料理上手だが、当の父親には「そういう風には見えないのにね」と評されている。
 
 父親は魔法先生の一人だが、裕奈自身は魔法の実在すら知らされていない。回想で幼少時に練習用の魔法の杖を手にしていたが、単なる遊び道具だったのか、当時は魔法を学んでいたが何らかの事情で記憶を封印し一般人として生きる事になったのかは不明である。

 母親については、作中の描写(裕奈が幼い自分と母親の写った写真に「おはよう」と話しかけるなど)から幼少時に死別している模様で、旧友であるドネットが魔法関係者であることなどから、魔法使いかそれに準ずる能力者だったと思われる(劇中で魔法使いとその従者との婚姻が多いといわれていることから、彼女も明石教授の従者であった可能性が高い)。また、容姿・性格共に娘そっくりであったことが窺える。

 なお、裕奈メインの174時間目は主人公のネギが全く登場しない異色のエピソードだった。

 所属するバスケットボール部自体は弱いようだが、当人の運動能力は高く、麻帆良祭のイベント「火星ロボvs学園防衛魔法騎士団」ではゆーな★キッドを名乗り二丁拳銃を駆って活躍、見事4位入賞を果たし賞金として食券300枚を獲得している。

 2年生から3年生にかけて急にスタイルが良くなった。かなりの巨乳だが、本人は「運動の邪魔」、「大きいのも困りもの」と言っている。(本気なのか他の貧乳女生徒に対するイヤミなのかは不明)

 同じく運動部所属の亜子・アキラ・まき絵と仲が良く、休日は一緒にいる事が多い。皆からは「ゆーな」と呼ばれており、自身も私物にそう記名している(学園祭での体操服コスプレのゼッケンや166時間目のお風呂セットなど)。口癖は「にゃ~」。

(Wikipediaより)

またまたきわどい恰好でサーセンwww

モデルがこういう絵だったんだからねっwww

とりあえず次の記事でまたデッキうpしようかと思う

今回はこれで、ノシ~
コメント
この記事へのコメント
これ何てエンジェルモート?

しかし語尾ににゃーが付くなら猫耳くらい生やさんかい!
というか普通に猫耳生えてそうだな
2008/07/30 (水) 21:06:01 | URL | フェニックス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 魔法と幻想の境界 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。