FC2ブログ
魔法と幻想の境界
                 いい加減ブログの説明文変えようかと思ったけど特にいい案がなかった>ワ< ひとつ書くとすれば、このブログはリンクフリーですが一応一声かけてくださいね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法先生ネギま!OAD1巻及びコミックス23巻発売まであと15日
今日は別な記事も描きたかったから一時間早く更新~

おそらく今日はこれを含めて記事2枚になると思うよ

じゃ、追記で~
20080728223130.jpg

出席番号25番 長谷川千雨 C.V.志村由美

 お祭り好きで常識外れのクラスメイト達と一線を画し、冷めた視線で周囲に密かにツッコミを入れていたが、ネギの登場により次第にドタバタの世界に引き込まれていった。斜に構えた冷たい現実主義者に思われがちだが、その実面倒見が良く他人を放っておけない。クラスメートのことは基本的に苗字で呼ぶ。

 現実世界にファンタジー(魔法)が介入してくるのを快く思っておらず、自身がその世界に入ってしまうのを拒んでいたが、結局ネギ・パーティーに協力する羽目に。ネギに対しては“先生”であるため、また意識的に距離を置こうと敬語で話していたが、感情的になるとついついタメ口になり、夏休み編以降は常にフランクに話すようになった。

 ネギ・パーティーの中でも常識人故に、劇中では唯一桜咲刹那にツッコミを入れるシーンがある。

 魔法世界では離れ離れになり、その場にいない明日菜の代わりに、ネギのお目付け役としてネギの近くにいることが多い。

 ハッカーとしても優れた技能を持ち、麻帆良祭における未来技術との電脳戦でも善戦するが、一般人のままでは限界があることを知り、さらなる力を求めてネギと仮契約する。

 伊達眼鏡を掛けているのは、「メガネがないと人前に出られない」ため。入浴・水泳時も外すことがない。コスプレが趣味。この話題となるとかなり熱っぽくなり、思わず他人のプロデュースまで手がけてしまうほど。魔法薬により幼女の姿になったときも「せっかくだから」と年齢相応のコスプレをしてちゃっかり写真を撮り貯めている。

 コスプレイヤーやネットアイドルであることを周囲にひた隠しにしていたが、ネギとの関係が深まるにつれ周知のものとなっていった。

 眼鏡を外し髪を下ろした時の容姿は「ラブひな」の成瀬川なるをツリ目にしたものに近い。作者・赤松健曰く「趣味などに自分との共通点が多い」。また、その状態で目を閉じると神楽坂明日菜と判別が少し難しくなる。

 ネギ・スプリングフィールドと仮契約を結んでいる。なおパクティオーカードには「ネットアイドル・ちう」としての姿が描かれている。

 アーティファクトは『力の王笏(スケプトルム・ウィルトゥアーレ:SCEPTRUM VIRTUALE)』という名の魔法のステッキ。称号は「バーチャル・アイドル」。

 このステッキ自体が一機のネットワーク・コンピュータ(まほネットにも接続可なもの)であり、「千人長七部衆」が率いる電子精霊群を統制し、操ることができる。精霊とは契約の力で結びつけられており、魔法陣内で「広漠の無、それは零。大いなる霊、それは壱。電子の霊よ、水面を漂え。『我こそは電子の王』(ユヒル・ヌールム・ゼフィルム・スピリトゥス・マグヌス・ウーヌム・スピリトゥス・エレクトロニムー・タントゥル・スペル・アクアース・エゴ・エレクトリゥム・レーグノー)」という呪文を詠唱することで電子精霊との交信が開始される。なおこの際、魔法陣内に居る他の人間も同時にダイブすることになる。

 初使用時には七部衆から命名を求められることになるが、「データの軽さが信条」であるため、文字入力は四文字制限(濁点・半濁点含む)である。千雨の代わりに佐々木まき絵が命名した名は「しらたき」「た゛いこ」「ねき゛」「ちくわふ」「こんにゃ」「はんへ゜」「きんちゃ」であり、どれも鍋料理の食材(主におでんダネ。よってここでの【ねき゛】は【ネギ・スプリングフィールド】とは一切関係ない。)から取られていた。

 電子精霊との交信は念話によって行われるが、精霊から送られてくる視覚情報などを受け取りやすいよう、肉体的に眠りながら使用することになる(覚醒中でも交信すること自体は可能で、「聴覚情報のみ」というように受け取る内容を選別することもできる)。使用者は、電子精霊と交信することで電子空間内にダイブしたような感覚を得ることができ、力の王笏が構成したユーザー・インターフェースを用いてサイバーバトルを行ったり、様々なオプション機能を用いることができる。

 電脳戦自体は、七部衆への指示とキーボード入力、そしてステッキを振りかざすアクションとで行われる。基本的には七部衆が用意したソフトウェアを用いることになるが、自作のソフトも使用可能で、千雨は「ちう特製緊急防壁(パケット・フィルタリング)」という即席のもので麻帆良学園の防衛システムからの攻撃に対抗していた。

 呪文詠唱の際に他者が魔法陣内に入っていた場合、その他者も電子精霊との交信に巻き込まれてしまい、眠りの状態に入るようである(詳細な条件は不明)。電子空間では、その者達に小型のステッキを分け与えることも可能で、サイバーバトルや変身の機能を(プログラミングの知識が相手に無くても)用いさせることができる。

(Wikipediaより)


ネコ耳が無償に描きたかったから描いた。後悔はしていない・・・

右手に持ってるのはサブノートPC、左手は映ってないが伊達眼鏡を持っている

最近は重要キャラなポジションだから最後のほうに描こうと思ったんだけど・・・たまには気に入ってるキャラも描かないとやっていけないwwwということで急きょ描こうと思ったwww

さてと次の記事でデッキうp+@かな

では、ノシ~
コメント
この記事へのコメント
ねこみみ…
おれこれに弱いんだよな
しかも尻尾もあるのな
いいキャラじゃないか!
2008/07/28 (月) 23:57:56 | URL | フェニックス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 魔法と幻想の境界 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。